2世帯住まいでのリビング

2世帯住宅では、単世帯住宅とは違った形のリビング空間が必要になってきます。たとえば、それぞれの世帯が自分たちだけでくつろいで、団らんしたいケースも考えられます。そういった時のための、空間としてのリビングを確保したいところです。また、両世帯がいっしょになって団らんして、コミュニケーションを図る場所としてのリビングも欲しいところです。さらに2世帯住宅では、何かと来客が多くなって、しかも親戚などが集まってさまざまな行事を行うケースも考えられます。こんな場合には、接客できる場としてのリビングがあると便利なものです。
つまり、単世帯家族がくつろげて、団らんできる場としてのリビング、両世帯が交流できる場としてのリビング、接客の場としてのリビングといったぐあいに、3つの目的を持つリビングを確保することが理想といえます。
しかし、同居スタイルや全体のスペースの問題などから、3つのリビングが確保できないケースが考えられます。それぞれの家庭の形態に応じてリビングの構成を考えていく必要があります。キッチンが一つの同居スタイルでは、リビングを共用するケースが多くなると思われます。共用のリビングであれば、2世帯の家族が一同に集まって団らんすることになるので、広いスペースを確保することを考えます。

サブコンテンツ